第54回定期大会

 『自由民主党宮崎県支部連合会 第54回定期大会 平成19年度』が開催されました。

  • 期 日: 平成19年5月13日(日)
  • 場 所: JA AZMホール

第54回宮崎県連大会(H19)

 平成19年度運動方針

 わが党は一昨年に立党50周年を迎え「新憲法草案」「立党50年宣言」「新理念・新綱領」を国民に提示し、新たな第一歩を踏み出した。また、昨年9月、小泉前総裁の後継として安倍総裁を選出し、国民の信頼と期待に応える新たなわが党の体制を発足させた。
 安倍総裁が示した「美しい国、日本」の国家像は歴史、伝統、文化を大切にしながら、自由な社会を基本とし、規律を知る凛とした国。未来に向かって成長するエネルギーを常に持ち続け、世界に信頼され、尊敬され、愛される、リーダーシップのある国である。
 美しい国づくりに必要なものは、成長戦略による活力に満ちた経済、再チャレンジ支援によるチャンスに満ちた社会、さらに、「頑張る地方応援プログラム」や日本型社会保障制度、「子育てフレンドリーな社会」、教育再生による優しさと自律を大事にする社会、海外からの投資倍増でオープンな国づくりを目指すことである。
 外交面では北朝鮮の核、ミサイル発射、拉致問題、またテロの頻発など、国際社会の平和と安全に対する新たな脅威が生じている。主張する外交へ転換し、「世界とアジアのための日米同盟」をより明確にし、アジアの強固な連帯のために積極的に貢献する外交を進める。北方領土問題については粘り強くその解決を目指す。
 こうした内外の重要課題に果敢に取り組み、宮崎県が抱える農業・農山村振興をはじめ、水産・観光・商店街振興等の課題解決に積極的に取り組み、豊かで住みよい郷土宮崎県の発展に貢献する。
 また、先の官製談合事件に端を発した出直し県知事選挙では、党推薦候補が敗れ、県連の指導力不足による党勢衰退を招き、県民・党員の皆さんに多大な迷惑をかける結果となった。県連は、県民に信頼される政治を取り戻すため、「自民党県連改革推進委員会」の答申を踏まえ、改革に向けて粉骨砕身努力して参る所存であります。

 ご参加の皆様、大変ありがとうございました。